く日はお得♪ 禄寿のガラス絵 アジア

¥7,500

(税込) 送料込み

最終更新 2024-06-20 UTC

商品の説明

 
				            禄寿のガラス絵                                    禄寿のガラス絵                                    禄寿のガラス絵                                    禄寿のガラス絵禄寿のガラス絵サイズ48-64ー5センチ状態 古いものなので多少のスレ、汚れありますがガラスの欠けは無く概ね良好、写真を参考に。
ガラス絵(がらすえ、硝子絵)とは、透明で平板なガラス片の片面に、ワニスメディウム(媒材)とした絵具で、人物や風景を描き、その裏から鑑賞する絵画である。

歴史[編集]

西洋では、グラスピクチャー、グラスペインティングと呼ばれる。古くは10世紀に初歩的なものが作られ、14世紀のヴェネツィアで、初歩的なガラス絵が誕生した。その後、ドイツ、チェコ、ルーマニアなど制作され、ワニスをメディウムとすることが多かった。 ガラス絵の技法はインド、中国、日本へも伝播する。中国では、玉板油絵、玉盤油絵、玻璃油絵、玉板画、玉盤画額、画鏡、などと呼ばれた。日本では当初びいどろ絵と呼ばれた。日本へガラス絵が舶載された初見は、寛文3年(1663年)オランダ商館長から将軍への献上品目である。18世紀後半、長崎でヨーロッパ製、中国製のガラス絵の模倣が始まり、明治30年頃まで制作が続けられた。制作地は、長崎、江戸、上方、名古屋が想定される。長崎では、石崎融思やその子融斎、荒木如元ら長崎派の絵師が描いているが、伝世品は極めて少ない。画題は西洋の風景・風俗、漢画風の花鳥画など、洋風画の影響が強い。江戸では、司馬江漢が独自の油絵でガラス絵を描いたことがわかっている。葛飾北斎も著作『絵本彩色通』初編でびいどろ絵の描き方を述べているが、北斎が実際にこの方法でガラス絵が描けたかどうかは疑問がある。江戸のガラス絵は歌川国芳系の浮世絵風美人画が多く、他に花鳥画や風景画が見られる。明治に入ると、役者や開化絵などが描かれている。

No.747 KOEDO川越硝子「切り絵ガラスアート」M 夏 / ステンドグラス エッチング 二十四節気 埼玉県

No.747 KOEDO川越硝子「切り絵ガラスアート」M 夏 / ステンドグラス エッチング 二十四節気 埼玉県


No.747 KOEDO川越硝子「切り絵ガラスアート」M 夏 / ステンドグラス エッチング 二十四節気 埼玉県

No.747 KOEDO川越硝子「切り絵ガラスアート」M 夏 / ステンドグラス エッチング 二十四節気 埼玉県


No.747 KOEDO川越硝子「切り絵ガラスアート」M 夏 / ステンドグラス

No.747 KOEDO川越硝子「切り絵ガラスアート」M 夏 / ステンドグラス


明治~大正時代物 高級美術 幻灯機 ガラス絵 12点 箱付 日清戦争 -

明治~大正時代物 高級美術 幻灯機 ガラス絵 12点 箱付 日清戦争 -


明治~大正時代物 高級美術 幻灯機 ガラス絵 12点 箱付 日清戦争 - 雑貨

明治~大正時代物 高級美術 幻灯機 ガラス絵 12点 箱付 日清戦争 - 雑貨


コレクション 笠間しろう 官能劇画 エロ緊縛 SM 椋陽児 沖渉二 前田寿

コレクション 笠間しろう 官能劇画 エロ緊縛 SM 椋陽児 沖渉二 前田寿


商品の情報

カテゴリー
■アンティーク家具■ローボート テレビ台 キャビネット 飾り台 レトロ 現状 家具 f871(i)

■アンティーク家具■ローボート テレビ台 キャビネット 飾り台 レトロ 現状 家具 f871(i)

置物:李朝 民藝品 「木製 灯火器台」

置物:李朝 民藝品 「木製 灯火器台」

インド グジャラート地方のタペストリー 手紡ぎの木綿 19世紀終

インド グジャラート地方のタペストリー 手紡ぎの木綿 19世紀終

李朝家具 バンダジ 衣装入れ 収納ケース 超レア品 花鳥彫刻 鍵なし アンティーク 古家具 時代物 木彫り

李朝家具 バンダジ 衣装入れ 収納ケース 超レア品 花鳥彫刻 鍵なし アンティーク 古家具 時代物 木彫り

螺鈿 飾り台 花台 大きめ 比較的美品 美術 アンティーク レトロ 骨董 古物

螺鈿 飾り台 花台 大きめ 比較的美品 美術 アンティーク レトロ 骨董 古物

この商品を見ている人におすすめ